演出:東 憲司


出演:石橋 徹郎
   朴 璐美
   山路 和弘


作:アリエル・ドーフマン


2018年7月27日(金)~8月5日(日)

会場:サンモールスタジオ



はじめに

東憲司と朴璐美がお互いの枠を飛び越えタッグを組み

文学座・石橋徹郎

青年座・山路和弘を迎え

3人芝居アリエル・ドーフマン作「死と乙女」という難作に挑む!!

あらすじ

軍事独裁政権が崩壊して間もない、南米のとある国。


岬の一軒家に住むポーリナ(朴璐美)は、かつて軍事政権によって虐げられた人々を守る反政府運動に尽力していたが、ある日、秘密警察に拉致監禁され残虐な拷問を受け、その記憶に今も苛まれている。


夫のジェラルド(石橋徹郎)は新しい政権下で大統領直属の人権調査委員会の委員長に選ばれ、新しい未来をこの国にもたらそうという意欲に燃える弁護士である。